沖縄の美ら海水族館

今回私が紹介するのは、沖縄にある美ら海水族館です。

美ら海水族館の「美ら」は、沖縄の言葉で、「美しい」とか「綺麗」と言う意味だそうです。
だから美しい水族館って意味だったんですね。

私は、高校の修学旅行で初めて行きました。美ら海水族館の名前は知っていましたが、見るのは初めてなので、すごく楽しみでした。

行ってすぐビックリしました、入口の所にジンベエザメのモニュメントが少し上の方にあります。すごく大きいので見上げて見ていましたし、写真も撮ってしまいました。

他にもナンヨウマンタの模型やジンベエザメの模型もありますし、絶滅した16mもあるサメの顎の復元模型や歯のレプリカなどもありました。

1番おすすめなのが、巨大アクリルパネルのある「黒潮の海」です。ジンベエザメやナンヨウマンタが泳いでいます。他にも、たくさんの種類の魚が泳いでいました。
ジンベエザメは、すごく大きくて見応えがあります。巨大アクリルパネルの前でみんなでジンベエザメと記念撮影をするとすごく記念になります。

それとやっぱりイルカショーもおすすめですね。イルカショーはやっぱり水族館の目玉ですよね。ジャンプしているのを見るのって楽しいです。

他にも、マナティー館やウミガメ館もあるのですごく楽しめます。サンゴを見れる所もあるのでぜひ見てほしいです。他じゃなかなかサンゴを見られないのでおすすめです。

ナマコやヒトデを触れる小さいプールもありますので、触りたい人は。触ってみてください。子供なんかは、触りたがると思います。
でも触ったらしっかり手を洗わせてくださいね!!

私たちはしませんでしたが、黒潮探検(水上観覧コース)と言うのがあるので、見てみるのもいいかもしれません。それは、ジンベエザメを上から見ることが出来るみたいです。
1日8回スタッフの解説付きみたいです!
すごく気になりますよね!私もこれを見ていたかったです。

どの水槽もとても綺麗で、魚も見応えがありました。沖縄ならではの水族館ですごく面白いので行ってみてください。
ぜひ皆さんにジンベエザメを見てもらいたいです。絶対いい記念になります。
私も子供が大きくなったら、連れていきたいなと思います。