長岡花火

新潟県の長岡と言ったな、有名なのはやっぱり長岡花火です。
長岡花火は、戦争で亡くなられた方々の慰霊、戦災・災害の復興祈願、世界平和の祈りを込めて毎年8月2日、3日の2日間にわたって開催されています。
そしてフェニックスは、2日間両方上がりますので、1日しか行けない人でも見ることが出来ます。
打ち上げ数は、2日間合わせて約20000発の花火が打ち上げられています。

毎年県外からもたくさんの人が訪れています。観光バスで、来ている人もたくさんいます。
有料指定席・有料自由席などがあります。そこは、すごく綺麗で、とても大きく見えますし、写真を撮るには、花火が画面に納まりきれません。
他にも土手などで見ることが出来ます。

私は、子供が産れたから毎年土手で見ていますが、土手でも十分綺麗に見えます。
音が少し遅れますが・・・綺麗に見えるのでいいとしましょう!

花火ですが、色々ありますがすべては紹介できないので、代表的な物だけ紹介します。
まずは、スターマイン・大スターマイン
一般的なスターマインですが、打ち上げ数、時間、玉の大きさでランク分けされているそうです。
超大型スターマイン
基本的に、上のスターマインと同じですが、規模が上回っており、数分打ち上げられています。

ワイドスターマイン
5か所から5色のスターマインと同時に打ち上げられています。
正面からは、花火が壁のように見えるそうです。

ミラクルスターマイン
2か所から斜めに打ち上げられるスターマインです。
交差しているので、Xに見えることから、「BIG X」と呼ばれているそうです。

ナイアガラスターマイン
大手大橋と長生橋のナイアガラと少し小さいスターマインが同時に打ち上げられます。
ナイアガラは、橋から川へ落ちるように上げられているので、とても綺麗ですし、人気です。

メッセージ花火
個人資金で、家族・恋人・恩人などに向けて、メッセージを添えて打ち上げられます。メッセージは、アナウンサー?の人が読み上げてくれます。
サプライズでやってもらえたら、嬉しいですよね。

天地人花火
直江兼次をモデルにした、大河ドラマ「天地人」が2009年に放送されるのを記念して打ち上げられるようになりました。打ち上げの時は、池端信宏さん作曲した「愛と勇気を!」が流れています。
花火と音が合っているので、すごく綺麗で見入ってしまいます。

正三尺玉
三尺玉は、直径650mもの大きさの花火です。
とても大きくて綺麗です。音も大きいので、小さい子供は、ビックリするかもしれません。

最後は、やっぱり1番の見どころのフェニックスです。
2004年に、長岡を襲った7.13水害と中越大地震と豪雪の3つの自然災害があり、復興元年として、復興祈願花火で2005年から「フェニックス」が打ち上げられ始めました。

フェニックスは、平原綾香さんの「Jupiter」に合わせて6か所からスターマインが打ち上げられており、その最後に、花火の中心にフェニックスに見立てた花火が打ち上げられています。
2005年には、平原綾香さんが来日してくれて、生歌を披露してくれました。
どうして「Jupiter」が選ばれたかと言うと、新潟県内のラジオ局で多くリクエストせれていたことから、被害者を勇気付けの応援歌として、選ばれたそうです。
フェニックスの打ち上げ時間が約3分なので、それに合わせて短縮されているそうです。
長岡市の大きなイベント・他地域でも打ち上げられているようです。
平原綾香さんの歌に合わせて打ち上げられるフェニックスは、とても綺麗です。
3分間あっという間で、その3分間はみんな静かに見ているくらい見入ってしまいます。

他にも子供が喜ぶような、キティーちゃんやスマイルくんが打ち上げられます。打ちあがると子供は、「わー今の可愛いね」とか言って大はしゃぎです。

長岡花火の物語として、「この空の花」と言う映画が作られました。これを見ていただければもっと長岡花火の魅力をわかっていただけると思いますので、気になる方は、見てください。
他にも、「ストロボ・エッジ」でも登場していましたね。
それぐらい、すごいのだと思います。

どの花火もとても綺麗なので、私は毎年見ています。
もしまだ見たことがない人は、ぜひ見に来てください。きっと虜になります。